UQコミュニケーションズ

UQコミュニケーションズがネットに掲載

UQコミュニケーションズがネットに掲載

WiMAXが使用できるかどうかは、UQコミュニケーションズがネットに掲載している「サービスエリアマップ」を確認したら判定できるはずです。特定の地域に関しては、「ピンポイントエリア判定」をやってみれば判断できるはずです。

WiMAXギガ放題プランに関してですが、だいたいは2年縛りという更新契約をベースとして、月額料金の引き下げやキャッシュバックが行われるのです。その部分を理解した上で契約した方がいいでしょう。

今もってWiMAX2+の通信カバーエリアとなっていないと言われる人も、目下販売されているWiFiルーターを使えば、旧来型のWiMAXにも繋げられますし、更に言えるのはオプション料金を払うようにすれば、「au 4G LTE」にも繋ぐことが可能になります。

高速モバイル通信の代表格であるWiMAX2+(ハイスピードモード)ですが、こちらの機器だと、速度制限を受けても下り速度が1〜6Mbpsはありますので、YouToubeの動画程度は見ることができる速度で利用可能だと考えていいでしょう。

WiMAXの「ギガ放題」は、データ通信量が3日で3GBを超えることになると速度制限が適用されてしまいますが、そうであってもそれなりに速いので、速度制限を不安視することはナンセンスです。

以前の通信規格と比べましても、ビックリするほど通信速度がレベルアップしており、それなりの量のデータを短時間で送受信可能だというのがLTEです。現代に合致した通信規格だと思われます。

1ヶ月のデータ使用量が「制限なし」となっている「ギガ放題」が人気ですが、WiMAX2+には「通常プラン」というのもラインナップされているのです。こちらのプランの場合は、「データ使用量は7GBに限定」という設定となっています

プロバイダーによっては、キャッシュバックを40000円近くに設定しているので、モバイルWiFi自体の月額料金が他社と比較して高額だとしても、「計算してみるとむしろ安い」ということが考えられるのです。

WiMAX2+の売り上げ増大キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを標榜しているプロバイダーが複数ありますが、キャッシュバック戦略を取っていないプロバイダーも見ることができますので、注意するようにしましょう。

スマホで接続しているLTE回線とシステム的に違っているのは、スマホは端末自身が直に電波を受信するのに対し、WiMAX2+はモバイルWiFiルーターという機器により電波を受信するというところだと言えるでしょう。

onlinehealthx.com